メインビジュアル

充実のワーキングホリデー。
成功のカギは「英語力!」

期待に胸を膨らませて「ワーキングホリデーに行こう!」と思い立ったら、まずココに注目!それは今のあなたの英語力です。最低ラインの英語がわからないと、実はとても大事なことが学べていない!なんて可能性も。まずは日本で英語を学び、英語力をあげてからワーキングホリデーに行きましょう。1000%の充実を味わうために、このサイトでは成功の秘訣をこっそり教えます。

要な英語力はどのくらい?

最低限、道を聞けるレベルが必要

ワーキングホリデーに行くのに必要な英語力は、外国で迷いなく「道を聞くことができる」レベル。つまり、日常会話が問題なくできるくらいの能力は最低限必要です。

具体的な数字で言うと、TOEICで600~700点を取ることができるレベルですね。 このくらいの英語力を身につけてから行かないと、現地に入ってから思わぬ苦難に見舞われることがあります。

たとえば、「ネイティブの友達ができなかった…。」という意見が数多く見られます。 しかし、英語力が必須と言っても、どこで学んだらいいのでしょうか?

語はどうやって学べば正解?

続けやすくて実践的に学べる英会話スクールがおススメ!

社会人になってから英語を学ぶ機会は少ないため、どこで学んだら良いか分からない人も多いと思います。

調べると、オンライン英会話・フィリピンなどへの語学留学・英語教材・英会話カフェなどいろいろな情報が出てきますが、とくにオススメしたいのが「英会話スクール」です。

なぜ英会話スクールがオススメなのか?その理由を以下にまとめてみました。

  • 日本国内のため治安の心配がいらない。
  • 自分のペースで学習できる。
  • 外国人講師から直接学べる。
  • 留学よりお金が安い。ワーホリ直前まで働いて貯金できる。

以上が、英会話スクールをオススメする点です。

英会話初心者がワーホリ先で問題なく過ごせるレベルになるには、まず英語に慣れることが大事。英語で人とコミュニケーションができ、外国人と相対しても抵抗なく交流できるだけの場数を踏むこと。グループレッスンで学ぶと、現地の状況と似た感覚で学べます。

最低限必要な英語力を安く、近く、自分のペースで学べるのが英会話スクールなのです。

前準備としての語学留学はどうなの?

たくさん勉強ができるけれど、お金掛かる のが難点

女性の画像

近年、ワーキングホリデー前にフィリピンへ語学留学をするという人が増えています。

語学留学のメリットは、時間を気にせず勉強に集中できるということ。多くの語学学校はイングリッシュオンリーポリシー(母国語禁止)のルールが課せられているため、学校だけでなく学生寮でも英語漬け。朝から晩までみっちり英語を勉強できるので、短期間で力がつくとされています。

デメリットして挙げられるのは、やはりお金が掛かるということ。留学でワーホリに必要な英語力を身につけるには3ヶ月くらいの期間が必要ですが、その際の留学費用の目安は50~100万円。また、フィリピンは治安があまり良くないため、治安や学習環境の良い学校を選ぶと、それなりに費用が高くなってしまうのです。

余裕を持ってワーホリを楽しむには200万円近く用意した方がいいとされているため、これだと準備資金を貯めるのに時間が掛かってしまいますね。 もちろん留学期間を短くすれば費用は安くて済みますが、それで必要な英語力が身につくかは考えもの。

こういったデメリットとメリットを踏まえて、フィリピン留学にするか英会話スクールにするかを良く考えて選びましょう。

ーキングホリデー向け英会話スクールの条件ってナニ?

お財布に優しく、英語力が確実に身につくスクールを選ぼう!

英会話スクールにお金を掛けてしまうと、肝心のワーホリにお金を掛けられなくなります。そして、英語力を身につけるには、実践的に学べる環境が必要です。具体的に何を基準に選べば良いのでしょうか?英会話スクールの選び方についてご紹介します。
  • 安くて、貯金しながら通えるスクール

    ワーホリ先で仕事を充実させたり、観光を楽しんだり、ネイティブの友達を作ったり…。肝心のワーホリを充実させるために、貯金しながら通いたいですね。そのため、英会話スクールにお金を掛けてはいられません。ワーキングホリデーに行くにも年齢制限があるため、早めにお金は貯めたいものですね。
  • グループレッスンがあるスクール

    ワーホリ先と、似た環境で話せる力が必要になります。ワーホリでは最初に語学学校に通うことが多いからです。そのため、おススメなのがグループレッスン。複数の人と英語で話し、実践的に学べる環境だから語学学校の雰囲気に慣れます。ワーホリ先でネイティブの友達を作るイメージをしながら、レッスンを受けてみましょう!
  • 月額制のスクール

    いつでも辞められるスクールを選ぶと、安心して始められます。「自分に合わなかった。」と思ったり、ワーホリに行くことが決まって辞めることになっても、安心ですね。ほかにもワーホリから帰ったあとに「英語力を持続させたい!」と感じて再入会しても、復帰にお金が掛からないスクールを事前にチェックしましょう。
  • ネイティブ講師がいるスクール

    ネイティブ講師から教わることで、自然な日常英会話や英会話表現、リスニング、正しい発音を身につけることができます。ほかにも、ネイティブ講師に通じる英語ができたとき、「自分は英語ができる!」という自身をつけられて、英語力の伸びが早くなります。ネイティブ講師から教わるスクールを選ぶことで、英語力を着実にUPできますね。
  • フリートークプランがあるスクール

    フリートークをするのに、自分で試行錯誤しながら英語を表現します。テキストを持たずに、最初はつまずきながらの英会話でもアウトプットを何回もすることで、ワーホリ先と似た環境でためらうことなく、英語を話せる力がつきます。
  • ワーホリ先の国出身の講師がいるスクール

    ワーホリ先の講師から教わることで、その国出身の方の雰囲気に慣れることができます。たとえば、地域によって話し方にクセがあって、聞き取りにくいこともなくなります。ほかにも、レッスンを通してワーホリ先の国の話になることもあるでしょう!

ーホリのためのおススメ英会話スクールは?

ワーホリのために英会話スクールを選ぶ際に考える条件が、安くて、アクセスが良く、自分のペースで学べることです。その条件の中でも何より重要なのがワーホリの事前準備に実践的な英会話力が身につくスクールへ通うことが大切です。全部兼ね備えたスクールはどこなのでしょうか?

リンゲージ

  • 入会金
  • 0
  • 月謝
  • 7,800
リンゲージとは?

リンゲージは、これまでに1,700社以上の企業向け語学研修を手がけてきた会社が、運営する英会話スクール。TOEIC・学校教育支援・ワーキングホリデーを含む留学支援など、あらゆるシーンの語学学習に対応しています。

「続けやすい!」と評判のリンゲージですが、その理由は2つ!まず、月額7,800円からで受講できて、リーズナブルだからです。また、業界最長の開校時間で、平日は最長7:00~24:00のため、仕事帰りや習い事があっても通いやすいですね。

そんなリンゲージは、日々を充実させたい人に最適!定期的にイベントが開催されていて、英語を楽しく身につけられます。ほかにも月謝が安いので、貯金をしやすく、貯まったお金はワーホリ先で楽しむために使えますね!

シェーン

  • 入会金
  • 21,600
  • 月謝
  • 8,586
シェーン英会話とは?

シェーン英会話の大きな特徴は、イギリス英語を教えていること。レッスンはマンツーマンと少人数レッスンの2コースがあります。

ワーキングホリデーに役立つ英会話を身につけたいなら、おススメはマンツーマンより少人数制!自然な会話表現や正しい文法表現を身につけて、自分が感じたことや思ったことをそのまま表現できるカリキュラムになっているので、ワーホリ先でも問題ありませんね。たとえば「Student Talking Time」という生徒同士が話す時間を多く設けて、異なる文化や習慣を理解させながらレッスンを進めます。

オンライン教材や副教材も充実しており、レッスン以外にもいつでも英語を学べて着実にワーキングホリデーに向けての英語力を身につけられるのも嬉しい点ですね。

ただ、意外と忘れてしまいがちですが、スクール管理費に毎月1,350円(税込み)が掛かり、月額は10,000円近くなります。

NOVA

  • 入会金
  • 0
  • 月謝
  • 10,000
NOVAとは?

NOVAの大きな特徴は、複数担任制で英語を教えていること。いろいろな出身国の講師の方と、コミュニケーションを取ることで実践力が鍛えられます。

フリープランであれば、全国どこのスクールでも続けて受講できることや、Webで24時間いつでも自由に予約できるので、忙しい方におススメです!

ほかにも英語を自分で試行錯誤して話し、自分の力で表現することや英語に慣れて楽しみ、アウトプットすることを大事にしています。たとえば、イベントレッスン。毎月第2日曜日に、性別、年齢やレベルの異なる受講者さんが集まり、いつもと違う雰囲気で英語を楽しめるので、受講者さんに人気です。

ワーキングホリデーをする際は、複数の外国人と話す機会が多くなるので、そういう場に慣れておくと英話力を着実に身につけることができそうですね。

ンゲージが最安値!

安いだけじゃない!ワーホリにリンゲージがおススメなワケ

リンゲージが「続けやすくて実践的に学べる」理由をいくつか挙げてみました。おススメな理由をご紹介します。
  • 入学金がなく、月謝も安いから貯金しながら通える

    一般的な英会話スクールにつきものの入会金・諸経費(維持費など)が0円!テキスト代(初回のみ)と月謝だけで、すぐに英会話を学ぶことができます。先払いのチケット制だと、まとまったお金が必要でローンを組む必要がありますが、リンゲージなら心配はありません。また、月々のレッスン料も7,800円からとリーズナブル。完全月謝制で、ほかに掛かる費用がないため、ワーホリ費用を貯金しながら通うこともラクラクです。
  • グループレッスンだから問題なく話せるようになる

    ワーホリ先では、語学学校・ホームステイ先・職場など、複数の外国人と話す機会が多くなります。複数人で話す力を身につけるのに、グループレッスンは最適!いろいろな人の話を聞き、自分の意見を的確に伝えるスキルを習得できるので、ワーホリ先でも問題なく話せるレベルになれます。 英語でのコミュニケーション能力を磨くこともできるため、渡航してすぐに友達を作り、ホームステイ先のファミリーと打ち解けるのもスムーズになるはずです。
  • いつでも辞められて再開もできる

    リンゲージは完全月謝制のため、レッスンをスタートするのも辞めるのも1ヶ月単位。「辞めたいけれど、レッスン料を先払いしてしまった。」ということがなく、安心して辞めることができます。

    また、レッスンを長期間お休みできる休会制度もあり、こちらも1ヶ月単位で申し込みが可能。ワーホリで1年間学校を休み、帰国後さらに英語力を磨くためにレッスンを再開する…なんて使い方もできるんです。復帰をするときも、特別な費用は必要ありませんよ。

  • ネイティブ講師がいる

    リンゲージの外国人講師は、イギリス・アメリカ・オーストラリア出身のネイティブ講師が中心。

    日本人指導の経験を持つ講師をメインに採用しているのが特徴で、指導力の高さには定評あり!日本人の英語レベルを踏まえ、日本人ならではの弱点を補強するようなスキルを身につけているため、英語力がグングン伸びると評判です。

  • フリートークプランがある

    リンゲージの「Conversationレッスン」は、テキストを用いずに行うフリートークスタイルのレッスン。興味のあるテーマについて外国人講師と自由に話すことができるため、自分の気持ちや考えを英語でアウトプットする力が身につきます。

    ワーキングホリデーではとくに必要となるスキルですから、グループレッスンとセットで受講するのがオススメです。レッスンのレベルは初級・中級・上級に分かれているので、初めての人でも安心ですよ。

  • ワーホリ先の国出身の講師がいる

    リンゲージのネイティブ講師は、イギリス・アメリカ・オーストラリア出身の講師が中心。ワーホリ先として人気の国の出身者と触れ合うチャンスが多く、ワーホリに行く前からその国の雰囲気に慣れることができます。レッスンを通して、その国にまつわるいろいろな情報を聞くこともできるかも!?
リンゲージの詳細を見る