都会も田舎も満喫できちゃうカナダ

カナダのワーキングホリデーに必要な費用の目安・仕事の種類・語学学校の特徴といったデータをまとめました。

カナダでのワーキングホリデーを成功させるために

ワーキングホリデーのビザを申請できるのは31歳まで。20代後半からワーキングホリデーを目指す場合、時間的にも費用的にも失敗できないというのが本当のところではないでしょうか。一生に一度しか経験できない、カナダでのワーキングホリデー。成功させるためにも、しっかりと下準備をしましょう!

ワーキングホリデー視点で見るカナダ

ワーキングホリデー協定国の中で、オーストラリアに次いで人気の国であるカナダ。英語圏の中でも非常に治安が良く、教育水準も高いため、世界中からワーキングホリデーメーカー・留学生が集まっています。

地理的にアメリカが近く、イギリスとの関係性も強いことから、発音がとてもキレイであると言われているカナダ英語。訛りのない英語を身につけたいという人にも人気です。ちなみにカナダの公用語は英語とフランス語となっており、地域によってはフランス語が広く使われていることもあります(ケベック州など)。うまくいけば、英語と同時にフランス語を習得できてしまうかも!?

自然豊かでアウトドアレジャーが盛んなカナダでは、ワーホリ中の旅行・アクテビティも存分に楽しめます。冬が長いため、スキーやスノボといったウィンタースポーツはとくにオススメ。腕や英語力に自信があれば、スキーリゾートでインストラクターの仕事に就けることもありますよ。また、カナダを拠点にアメリカ旅行を格安で楽しめるのもメリット。

カナダのワーホリに行った人の
レポートを詳しく見る

ワーキングホリデーのプラン例

1~3ヶ月目 ホームステイをしながら語学学校へ。
4ヶ月目 ホームステイを終了してシェアハウスへ引っ越し。
5ヶ月目 ローカルのレストランでアルバイト。
6~7ヶ月目 アルバイトをしながらチャイルドケアのボランティアを体験。
8~9ヶ月目 カナダを拠点にアメリカやロッキーマウンテンを旅行。
10~11ヶ月目 TOEICの学校へ通学。
12ヶ月目 カナダの自然を楽しむキャンプを満喫。

カナダでワーホリする前に必要な情報

お金はいくらが目安?

カナダへのワーホリで必要となる費用の目安は、150~170万円ほど。語学学校によって費用が大きく変わるため、就学期間が長くなるなら200万円は見ておいた方が良いでしょう(最長6ヶ月)。ちなみにカナダの最低賃金は州ごとに異なりますが、平均10ドル前後。英語ができないと良い仕事に就きにくい傾向があります。

カナダの語学学校事情

カナダには300以上の語学学校があり、日本人の学生も多くなっています。ただし、一般的にはレベルの高いクラスに行くほど日本人率は低くなるため、ある程度の英語力を身につけてからワーホリへ行けば、日本人の少ない環境で英語を学ぶことができます。

カナダの住居事情

カナダのワーキングホリデーで、人気の滞在先はホームステイ。最初はホームステイで現地の生活に慣れ、その後はシェアハウスに移って共同生活をスタートするというケースが多くなっています。

長期滞在でおすすめの観光地

雄大な自然に恵まれたカナダでは、日本では味わえないスケールの大きな風景を楽しめます。まず外せないのが、トロントにあるナイアガラの滝。見るだけでも圧巻ですが、ナイアガラクルーズなどのアクテビティも豊富です。秋にカナダへ行くなら、素晴らしい紅葉が見られるケベック街道も◎。ドライブに最適です。ケベック州なら、世界最大級のパイプオルガンがあるモントリオールのノートル大聖堂も必見でしょう。

男性・女性の国民性の紹介

移民が多いカナダは、外国人に対してもフレンドリーに接してくれるのが特徴。とても穏やかな人が多く、つたない英語でも粘り強く耳を傾けてくれる人が多いです。周囲との調和を重んじるのもカナダの国民性で、こういった面では日本人とは波長が合うかも?

ワーキングホリデー前に英語は学んでおいた方がいい?

カナダをワーキングホリデー先にするなら、やはり英語力は身につけておいた方が◎。

「現地で仕事をして生活費を稼ぎたい」と思っている人は、とくに重視すべきです。カナダの最低賃金は10ドル前後と比較的安く、英語力に自信のないワーホリメーカーが選びがちな日本人向けレストランなどはそれ以下であることも多いのです。しっかりと稼げる仕事を見つけるには、ビジネスレベルの英語を学んでおく必要があります。

そんなカナダへのワーホリ準備としてオススメなのが、日本の英会話スクール。日本にいながらネイティブ講師のレッスンを受けられますし、費用もそれほどかかりません。ワーホリ費用を貯めながら必要な英語力を高められるので、効率よく準備ができるというワケです。

ワーホリ前の新常識!
英会話スクール一覧を見てみる