まずはコレ!ワーホリにお金はいくら必要?

ワーキングホリデーに必要な費用の目安とその内訳、現地でできる仕事と賃金の情報をまとめました。

ワーキングホリデーに必要な初期費用

ワーキングホリデーの準備にあたって、やはり気になるのは「どれくらの費用が必要になるのか」ということではないでしょうか。選ぶ国や時期によっても費用は異なりますが、基本的な初期費用は以下の通り。

  • ワーキングホリデービザ申請料(0~5万円)
  • 航空券のチケット代(15~30万円)
  • 海外旅行保険(1年で10~20万円)
  • 学費(3ヶ月で約50万円)
  • 数ヶ月分の滞在費と生活費(ホームステイの場合、月8~12万円ほど)

ざっと見積もったところ、初期費用として用意しておきたいのは100~150万円ほど。ただし、語学学校に長期間通う場合・渡航してすぐに仕事をしない場合は、180~200万円以上を準備しておかないと少々不安です。

また、ワーキングホリデー中は普段の生活の中でもいろいろとお金がかかります。学校の友人にパーティーやイベントへ誘われたり、外食をしたりすることも多め。こういった交流は人脈を築いたり英語力を磨くためにも必要なものですから、ケチケチせずに参加したいものです。また、長期旅行・アクテビティ・習い事などを楽しめるのもワーホリならでは。お金がないことで経験できることが減ってしまうのは、非常にもったいないことですよね。

勉強や仕事をメインに節約しながら生活するという過ごし方もありますが、1つの国につき1度しか経験できないワーキングホリデーを充実させるには、ある程度のお金があった方が◎。経験者の中には「もっといろいろ楽しみたかった!」と後悔している人も多いので、費用はしっかりと確保してから行くことをオススメします。

ワーホリ先での仕事と賃金

ワーキングホリデービザは、現地で仕事をすることが認められているビザ。滞在する国によっても仕事の事情は異なりますが、オーストラリア・カナダ・ニュージーランドといったワーホリ先として人気を集めている国では、日本人向けの求人情報も数多く見られます。

ただし、最低賃金は国によって異なりますし、職種によっても稼げる金額は違ってきます。とくに、英語を必要としない日本人向け(ワーホリメーカー向け)の求人は賃金が低め(最低賃金以下であることも)。「仕事をして生活費を稼げばいいや」などと貯金をしないで渡航した場合、生活が成り立たなくなって帰国…というケースもあるのです。

現地で仕事をして十分な生活費を稼ぎたいと思うのなら、英語をしっかりと学んでおくことが大事。英語ができれば就ける職業の種類もグンと増えますし、賃金の高い仕事も見つかりやすくなります。

ワーホリ準備をしながら貯金をするには?

ワーキングホリデーを充実したものにしたいなら、余裕を持って費用を貯めておくことが第一。そして、英語力を磨くことが必須となります。

英語を学ぶためにワーホリ前留学をするという人もいますが、留学中は仕事ができませんし、貯金も減っていくばかりでワーホリ準備がなかなか進まないのがネックです。

そこでオススメなのが、日本の英会話教室に通いながらワーホリ費用を貯金するという方法。お手頃価格でネイティブ講師のレッスンを受けられるスクールなら、必要な英語力を高めながらワーホリ費用をしっかりと貯めることができます。

英会話スクールで語学力を磨くには、とにかく続けることが大事。スクールを選ぶ際は費用だけでなく、「自分のレベルに合わせて学べるか」「受講しやすいシステムか(振替がある・開校時間が長いなど)」「楽しく英語を学べる環境か」もチェックするようにしてください。

ワーホリに行った人のレポートを
詳しく見る