ワーホリ中はどこで暮らすのが正解?

ワーホリ先で住むところの種類と特徴、快適な住まい探しに欠かせない英語力について解説しています。

ワーホリで住むところはどこがいい?

ワーキングホリデーでは最長1年にわたって海外に滞在するワケですから、住むところはしっかりと考えておくべきです。国によっても異なりますが、ワーホリでの主な滞在先は以下の通り。

ホームステイ

現地の家庭に住み込むホームステイは、ワーキングホリデーでも一般的な住居スタイル。現地で通う語学学校に斡旋してもらうことが多くなっています。部屋と食事(朝・晩)を提供してもらうことができ、その国の文化・生活様式などを知るにも最適です。

学生寮

語学学校が運営する学生寮に入るスタイルで、通学している間のみ滞在が可能。いろいろな国の留学生がいるため、コミュニケーションを楽しみたい人にオススメです。寮によって規則は異なりますが、門限などのルールは守る必要があります。

シェアハウス

アパートや一軒家で、複数人と共同生活をするスタイル。部屋の一室を借り、玄関・リビング・キッチン・バスルームなどはみんなでシェアして利用します。1人でアパートを借りるよりも費用が安く済むため、ホームステイ・学生寮を出た後の住居として一般的。

ユースホステル

比較的リーズナブルな料金で利用できるホテルで、家が見つかるまでの間や旅行中に利用することが多め。1つの部屋を何人かの宿泊者でシェアして滞在するスタイルです。個人で使えるスペースは基本的にベッドの上のみなので、長期滞在にはあまり向きません。

快適なワーホリを実現するなら英語力は必須

ホームステイ・学生寮・ルームシェアと、住むところにはさまざまな種類がありますが、ワーキングホリデー中に使用する言語は基本的に「英語」。この英語ができないと、コミュニケーションがうまくいかず辛い思いをすることがあります。

基本的な英語ができれば、ホームステイや学生寮で出会う人ともすぐに仲良くなることが可能。意思の疎通がうまくいけば文化の違いもスムーズに理解できますし、トラブルが起こることも少なくなります。せっかくホームステイや寮にいるのに、英語に自信が持てず部屋に引きこもってしまってしまうのでは、ワーキングホリデーに来た意味がありませんよね。

また、シェアハウスを探す際にも英語は必須。ネットや掲示板などで情報収集する際も英語ですし、オーナーやルームメイトとのやり取りに使われるのも英語です。とくにシェアハウスはオーナーによって独自のルールが設けられていることもあるため、きちんと説明を理解しないとトラブルのもとになります。

では、ユースホテルはどうでしょうか?ユースホテルは比較的自分のペースで生活できるほか、いろいろな国の人と知り合えるのがメリットです。英語力に自信がないと会話を避けて通りがちですが、英語ができれば積極的にコミュニケーションを取ることが可能。ユースホテルで意気投合して一緒に旅をするようになったり、恋が芽生える…なんてケースもあるようです。

とにかく、ワーキングホリデー先の住まいで充実した生活を送りたいなら、はじめから英語を喋れるようにしておいた方が◎。限りある期間を有意義に使うことができますし、ある程度英語ができた状態で渡航した方が、上達もスピードも飛躍的に高まりますよ。

ワーホリに行った人のレポートを
詳しく見る